FC2ブログ

日本大学医学部社会医学系衛生学分野ブログ

第64回日本宇宙航空環境医学会大会

先日、順天堂大学さくらキャンパスで開催された第64回日本宇宙航空環境医学会大会に参加してきました。






当教室からは、助手の田子先生が「睡眠導入剤がヒトの脳循環動態に及ぼす影響」という内容で発表しました。

近年、様々な機序の睡眠薬が普及していますが、今回は一般的に使用されるベンゾジアゼピン受容体作動薬と比較的新しいオレキシン受容体拮抗薬の脳循環に対する影響についての比較した研究です。

s_IMG_6871.jpeg





また、専修研究員の倉住先生が研究奨励賞を受賞し、その研究内容について発表しました。

s_IMG_6879.jpeg


頭部方向の体液シフトと高二酸化炭素の同時負荷は脳循環調節機能を悪化させるということを明らかにしました。

宇宙と手術を絡めた話で大変興味深い内容でした。



漫画「宇宙兄弟」の最新刊でも、国際宇宙ステーション内で遠隔操作で手術を行うシーンが描かれていましたが、本当に近い将来、「宇宙で手術」が現実化されるかもしれません。






スポンサーサイト
出張 | コメント:0 |

BDC&クルートレーニング@ヒューストン


8月下旬から9月にかけてヒューストンに出張に行っていきました。


s_IMG_6673.jpg



ヒューストンの天気は非常に不安定で、時折、強烈な雨雲がやってきて強い雨を降らせていました。



s_IMG_6657_20180904142206ac3.jpg


今回の出張の目的はBDC&クルートレーニングでした。


ヒューストンに到着すると、まず、JAXAの駐在事務所に行き、JSCに入るためのバッジを手に入れます。


s_IMG_6642.jpg




バッジを入手したら、昼食を食べに行きます。長時間のフライトの後なので、たいていベトナム料理屋に行き、軽めのフォーを食べます。


s_IMG_6643.jpg




今回のBDC(Baseline Data Collection)は3回予定されていました。


すべて実験プロトコールが異なるため、事前に入念なリハーサルを実施しました。


なんとか無事にすべてのBDCを終え、恒例のTボーンステーキを食べに行きました。


s_P1050935.jpg




帰りの空港に向かう途中で、巨大な風車の翼をトラックで運んでいるのを目撃しました。


s_IMG_6683.jpg



最初、あまりにも巨大でロケットと勘違いしたぐらいです。しかも、猛スピードで移動!!!!


テキサスはスケールが何もかもデカイ!!!


次回のBDCはまだ未定ですが、近々、ヒューストンに再び戻ってくることになりそうです。




8月は夏休み期間ということもあり、全国から宇宙医学に興味のある医学生や医師が当教室に見学に来てくれました。


ぜひ、宇宙医学に興味のある方は、当教室にお気軽にご連絡ください。





出張 | コメント:0 |

BDC@ヒューストン

6月下旬にヒューストンに出張に行ってきました。

ヒューストンは日差しも強く、皮膚が焼けてしまいそうです。

サングラスは必須アイテムです。

s_IMG_6384.jpg





ジョンソン宇宙センターに到着してすぐに、実験機材の準備に取り掛かります。

時差ボケもあり、かなり眠い状態で作業を行います。

被験者としてベットに横になると、すぐに夢の世界…

s_IMG_0122.jpg




研究プロジェクト「Cerebral Autoregulation」では、国際宇宙ステーション内で宇宙飛行士に実験の測定を行なってもらいます。そのためクルー訓練として、事前に宇宙飛行士には実験機材の組み立てから測定方法を習得してもらう必要があります。


実は、クルー訓練を行う専門のスタッフがいます。専門的な訓練を受け、その資格を持った人だけが、宇宙飛行士に訓練をすることが許されています。日本では、有人宇宙システム株式会社(JAMSS)がクルー訓練を担っています。


今回初めてクルー訓練に参加しましたが、宇宙飛行士の能力の高さは言うまでもなく、JAMSSのスタッフのプロフェッショナルな仕事には驚かされました。特に、英会話力だけでなく、実験内容の説明や質問に対する明確さには、大変刺激を受けました。



今回の出張のメンバーです。左から2番目の女性がJAMSSの方です。

s_P1050898.jpg


実験が無事成功すると、恒例でTボーンステーキをみんなで食します。

私(上の写真で右から2番目)は、ほぼこれが出張の目的です笑。

s_IMG_6387.jpg




今回の出張でも、たくさんの人から刺激を受けました。

臨床の現場では出会うことのない、多種多様なスペシャリストと一緒に仕事ができることも宇宙医学の魅力の一つだと思います。




次のヒューストン出張は8月下旬です。

これから暑い日が続くので、体調管理が重要となってきそうです。





出張 | コメント:0 |

BDC@ヒューストン

4月早々、ヒューストンに出張に行ってきました。

当初、ヒューストンに行った回数を数えていましたが、もう諦めました。

s_IMG_6208.jpg


今回のメンバーはこんな感じ。

s_IMG_6204.jpg



今回の出張では、研究プロジェクト「Cerebral Autoregulation」の記念すべき初回のBDCが目玉です。

長期宇宙滞在によって、脳循環調節機能はどうなるか? という疑問に答える研究です。

特に軌道上(国際宇宙ステーション内)で宇宙飛行士自身に脳血流や血圧を測定してもらうため、クルートレーニングが必要になる点がIPVIプロジェクトと大きく異なる点です。

軌道上にある計測機器は、普段我々が使用している機器とは異なります。

s_IMG_6201.jpg


古い測定機器ということもあり、機械が正常に動作するかどうかという点が、今回のBDC成功の鍵を握っていました。

測定中にアラーム音が鳴る度にドキッとします。

今回の出張に至るまで、何度も測定機器の調整を行い、手順書の改定を行いました。


s_IMG_6200.jpg





なんとか無事にBDCを終え、解析結果からも良好なデータを取得できたことが確認できました。


次回のBDCは6月になります。



出張 | コメント:0 |

「宇宙に生きる」全体会議@岡山

新学術領域研究「宇宙に生きる」の全体会議に参加しました。

IMG_6040.jpg




岡山大学内にあるJunko Fukutake Hallで全体会議は開催されました。

周囲はガラス張りのため、かなり開放的な会場でした。

学生・教職員と地域の人々とのつながりをコンセプトにしているようです。

IMG_6049.jpg





私たちの研究グループの研究成果および今後の展望を岩崎教授が報告しました。

IMG_6047.jpg




新学術領域研究において宇宙医学を発展させていくためには
よりいっそう活発に他分野の研究チームとのコラボレーションが期待されます。



出張 | コメント:0 |
| ホーム |次のページ>>