FC2ブログ

日本大学医学部社会医学系衛生学分野ブログ

向井宇宙飛行士と再会

6月に筑波宇宙センターでBDC(baseline data collection)が予定されているため、その準備とリハーサルを行いました。

IMG_5880.jpg


私たちの研究室では、大学の研究室で行われる実験だけでなく、ジョンソン宇宙センター(NASA)、ドイツ航空宇宙センター(DLR)など様々なフィールドでデータ測定を行なっています。

初めての場所で、データ測定を行う時にはいくつか注意事項があります。

海外であれば、実験器具の電源電圧をチェックし、場合によっては変圧器が必要になります。

また、血圧波形や脳血流速度波形など生理学データにノイズがのらないことを確認することが重要です。






今回、使用する部屋は、宇宙飛行士かつ医師である向井千秋先生の部屋だった場所を使わせてもらうことになりました。

ドイツ航空宇宙センター(DLR)では、立派な実験施設がありましたが、日本ではそこまでの施設はありません。日本はまだまだ出遅れていると言わざるを得ません。

しかし、向井先生の部屋はノイズもなく、問題なく実験測定ができそうです。

s_IMG_0283.jpg





リハーサルを行なっている中、なんと、部屋主の向井先生が遊びに来てくれました。

向井先生が宇宙飛行士に選抜された時、メディカルチェックを日本大学医学部附属板橋病院で行なった経緯があり、私たちの研究室とは親睦が深いです。

s_IMG_0273.jpg



向井先生は現在、東京理科大の特任副学長をしておられます。

東京理科大は平成29年度より私立大学ブランディング事業として、

「スペース・コロニー研究拠点の形成 〜宇宙滞在技術の高度化と社会実装の促進〜」

というのを掲げて大学全体で宇宙研究、開発を行なっているそうです。

興味のある方はチェックしてみて下さい。














スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 |
| ホーム |