FC2ブログ

日本大学医学部社会医学系衛生学分野ブログ

過重力負荷に関する論文が掲載されました

当教室から人工重力装置を用いた過重力負荷実験に関する論文が米国航空宇宙医学会(AsMA; Aerospace Medical Association)の学会誌、AMHP(Aerospace Medicine and Human Performance)に掲載されました。

Konishi T, Kurazumi T, Kato T, Takko C, Ogawa Y, Iwasaki K. Time-Dependent Changes in Cerebral Blood Flow and Arterial Pressure During Mild +Gz Hypergravity. Aerosp Med Hum Perform. 2018 Sep 1;89(9):787-791.


当教室の小西先生(大学院生)が過去のデータを再解析し、過重力負荷中の脳血流と血圧の経時的変化について検討した論文です。



長期に無重力環境に暴露すると、身体に様々な変化が生じますが、その予防・対抗策として以前から人工重力装置の応用が期待されてきました。


先日、JAXAが実施した、国際宇宙ステーション内の小動物用人工重力装置を用いた研究も発表されました。




s_IMG_5126.jpg

当教室にはヒトが乗れる人工重力装置があります。




今後、出張内容だけでなく、研究内容についても紹介していこうと思います。







スポンサーサイト
研究 | コメント:0 |

BDC&クルートレーニング@ヒューストン


8月下旬から9月にかけてヒューストンに出張に行っていきました。


s_IMG_6673.jpg



ヒューストンの天気は非常に不安定で、時折、強烈な雨雲がやってきて強い雨を降らせていました。



s_IMG_6657_20180904142206ac3.jpg


今回の出張の目的はBDC&クルートレーニングでした。


ヒューストンに到着すると、まず、JAXAの駐在事務所に行き、JSCに入るためのバッジを手に入れます。


s_IMG_6642.jpg




バッジを入手したら、昼食を食べに行きます。長時間のフライトの後なので、たいていベトナム料理屋に行き、軽めのフォーを食べます。


s_IMG_6643.jpg




今回のBDC(Baseline Data Collection)は3回予定されていました。


すべて実験プロトコールが異なるため、事前に入念なリハーサルを実施しました。


なんとか無事にすべてのBDCを終え、恒例のTボーンステーキを食べに行きました。


s_P1050935.jpg




帰りの空港に向かう途中で、巨大な風車の翼をトラックで運んでいるのを目撃しました。


s_IMG_6683.jpg



最初、あまりにも巨大でロケットと勘違いしたぐらいです。しかも、猛スピードで移動!!!!


テキサスはスケールが何もかもデカイ!!!


次回のBDCはまだ未定ですが、近々、ヒューストンに再び戻ってくることになりそうです。




8月は夏休み期間ということもあり、全国から宇宙医学に興味のある医学生や医師が当教室に見学に来てくれました。


ぜひ、宇宙医学に興味のある方は、当教室にお気軽にご連絡ください。





出張 | コメント:0 |
| ホーム |