FC2ブログ

日本大学医学部社会医学系衛生学分野ブログ

BDC@ヒューストン

6月下旬にヒューストンに出張に行ってきました。

ヒューストンは日差しも強く、皮膚が焼けてしまいそうです。

サングラスは必須アイテムです。

s_IMG_6384.jpg





ジョンソン宇宙センターに到着してすぐに、実験機材の準備に取り掛かります。

時差ボケもあり、かなり眠い状態で作業を行います。

被験者としてベットに横になると、すぐに夢の世界…

s_IMG_0122.jpg




研究プロジェクト「Cerebral Autoregulation」では、国際宇宙ステーション内で宇宙飛行士に実験の測定を行なってもらいます。そのためクルー訓練として、事前に宇宙飛行士には実験機材の組み立てから測定方法を習得してもらう必要があります。


実は、クルー訓練を行う専門のスタッフがいます。専門的な訓練を受け、その資格を持った人だけが、宇宙飛行士に訓練をすることが許されています。日本では、有人宇宙システム株式会社(JAMSS)がクルー訓練を担っています。


今回初めてクルー訓練に参加しましたが、宇宙飛行士の能力の高さは言うまでもなく、JAMSSのスタッフのプロフェッショナルな仕事には驚かされました。特に、英会話力だけでなく、実験内容の説明や質問に対する明確さには、大変刺激を受けました。



今回の出張のメンバーです。左から2番目の女性がJAMSSの方です。

s_P1050898.jpg


実験が無事成功すると、恒例でTボーンステーキをみんなで食します。

私(上の写真で右から2番目)は、ほぼこれが出張の目的です笑。

s_IMG_6387.jpg




今回の出張でも、たくさんの人から刺激を受けました。

臨床の現場では出会うことのない、多種多様なスペシャリストと一緒に仕事ができることも宇宙医学の魅力の一つだと思います。




次のヒューストン出張は8月下旬です。

これから暑い日が続くので、体調管理が重要となってきそうです。




スポンサーサイト

出張 | コメント:0 |
<<BDC&クルートレーニング@ヒューストン | ホーム | 向井宇宙飛行士と再会>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |